←ポケモンブラック2ホワイト2極限攻略データベースへ戻る

ノーマルタイプのお勧めポケモン

タイプ別: / / / / / / 格 / 毒 / 地 / 飛 / エ / 虫 / 岩 / ゴ / 竜 / 悪 / 鋼

ノーマルタイプのポケモンは、様々なタイプの技を付けられるのが特徴です。
弱点もかくとうタイプだけなので、安定感があります。
また、「はかいこうせん」「ギガインパクト」「だいばくはつ」などの大技の威力が1.5倍になるというのも魅力的です。


ハピナス (タイプ:ノーマル 種族値:HP255、攻10、防10、特攻75、特防135、早55)
全ポケモン中で最もHPが高いポケモン。
あまりにHPが高いのでなかなか倒れない上に、「タマゴうみ」の技でHPを半分回復できます。
今回から回避2段階アップになった「ちいさくなる」も使えます。
但しぼうぎょの種族値が10と低いので、必ずぼうぎょの個体値と努力値を最高にすることでカバーして下さい。

攻撃に関しては、こうげきは低すぎるので、とくこうを使った特殊攻撃のみにしましょう。
かみなりやふぶきといった威力120・命中70%の技を使うか、
10まんボルトやれいとうビームといった威力95・命中100%の技を使うか悩む所。
ダブルバトル・トリプルバトルでは、パートナーの特性で命中を上げて70%技を当てていくという手が有効です。

ラッキー (タイプ:ノーマル 種族値:HP250、攻5、防5、特攻35、特防10、早50)
ハピナスの進化前のポケモン。
進化前なので「しんかのきせき」を持たせることができ、これにより特攻・特防が1.5倍になります。
ハピナスより「ラッキー+しんかのきせき」の方が能力は優秀ですので、
「ハピナス+アイテム」とどちらが優秀か甲乙付けがたい所です。

ドーブル (タイプ:ノーマル 種族値:HP55、攻20、防35、特攻20、特防45、早75)
わざ「スケッチ」によってあらゆる技を覚えることができるポケモン。
素早さが高い以外はステータスに特徴の無いポケモンですが、
好きな技を何でも4つ付けられるので、組み合わせによって怪物と化します。

対戦ルールで禁止されているポケモンの専用技も、ドーブルなら使うことができます。
その例として最も有名なのが、ダブルバトル・トリプルバトルにおける
ダークライの専用技「ダークホール」。全ての相手を眠りに誘います。

他にもシングルバトルなら「キノコのほうし」などもあります。
但し、伝説のポケモンの技でも「せいなるほのお」「あくうせつだん」などの攻撃技は疑問。
ドーブルのこうげき・とくこうの個体値が低いので、大したダメージになりません。
ダブルバトル・トリプルバトルでは「ねこだまし」で相手の動きを止めるなど他キャラのサポートに徹しましょう。
敵を眠らせてから「とんぼがえり」などで交代してしまうのも有効でしょう。

カビゴン (タイプ:ノーマル 種族値:HP160、攻110、防65、特攻65、特防110、早30)
素早さが全ポケモン中でもトップクラスに遅いですが、それ以外のステータスが優秀なポケモン。
HPがかなり高く、弱点もかくとうタイプしかないので、倒すのにも苦労します。

全員の行動順序が逆になる技「トリックルーム」を使えば最速で動けるようになります。
HPの高さを生かして「すてみタックル」によるタイプ一致1.5倍の攻撃も強力です。
また、ダイパの教え技「ばかぢから」はかくとうタイプで威力120とこれも強力。
ノーマル攻撃はいわタイプとはがねに半減なので、これらに有効なかくとうタイプは重宝します。
HPの高さを生かして、アイテムはたべのこしやオボンのみなどのHP回復アイテムを持たせると良いようです。

トゲキッス (タイプ:ノーマル・ひこう 種族値:HP85、攻50、防95、特攻120、特防115、早80)
ノーマル・飛行タイプなのであまりノーマルタイプという感じはせず、
実際、ノーマルタイプの攻撃をすることはほとんど無いでしょう。

ステータスだけ見てもそれなりに強く、「このゆびとまれ」を使える中では優秀なポケモンの1匹です。
ダブルバトル・トリプルバトルではトゲキッスが「このゆびとまれ」で攻撃を受け、
その間にもう1匹が目的を果たすという使われ方になります。

また、特攻のステータスが高いので、トゲキッス自身が攻撃に転じることも可能です。
相手をひるませる「エアスラッシュ」など使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ポケモンオメガルビー・アルファサファイア | ドラクエ10 | ドラクエ3スマホ