ポケモン不思議のダンジョン 攻略



Chapter20:最後の冒険

・時限の塔→時限の塔最上部とクリアする。
・最後のボス撃破後にセーブでき、その後「END」の後に自動的にセーブされる。

[時限の塔]
■目的:最上階を突破
■ダンジョン構造:1階〜13階
■出現する敵:ソルロック[岩/エ]、ドーミラー[鋼/エ]、ポリゴン[ノ]、ルナトーン[岩/エ]

■攻略のポイント:
いずれもHP130程度の強敵だが、敵の種類は少ないので対策は立てやすい。
ポリゴンはほうでんで味方全体に30程度のダメージを与えてくるので危険。
ドーミラーのさいみんじゅつにも注意。混乱してしまったらすぐ回復するか、
主人公にキーのハチマキを装備させて混乱を防ごう。

[時限の塔最上部]
■目的:最上階でボスを撃破
■ダンジョン構造:1階〜11階(11階はボス戦のみ)
■出現する敵:ドータクン[鋼/エ]、ボーマンダ[ド/飛]、ポリゴン2[ノ]、ポリゴンZ[ノ]、メタグロス[鋼/エ]

■攻略のポイント:
出てくるポケモンはHPが高いうえに防御が高く、弱点も突きにくいものばかり。
ドータクン・ボーマンダ・メタグロスとの戦闘は長期戦を覚悟しよう。
階数は少ないので、PPにはそれほど気にしなくて良い。
また、上の方の階ではアイテムを駆使して上の階を目指すことを優先して進んでいくと良い。

■ボス攻略法:
ディアルガ[ド/鋼]=HP700程度

ディアルガは「いかく」の特性を持っているため、こちらが攻撃しようとしても5割程度の確率で攻撃が発動しない。
これは使っている技が悪いわけではないので、何度も攻撃していくしかない。

敵の最強の攻撃は「時の咆哮」で、全員に約80ダメージを与えてくるという技。
しかし使用後はひるんで動けなくなるので、時の咆哮に耐えられれば反撃のチャンスになる。
他にも「げんしのちから」を使用するので、たまに敵の全ステータスが上昇してしまう。
長期戦になればなるほど不利なので、敵が動けなくなるタネをこれでもかというほど用意して
戦闘開始直後に1個使い、以後タネの効果が切れるたびに使いなおしていきたい。
また、死んだ時のためにふっかつのたねもたくさん持っておくと良い。
なお、時の咆哮とげんしのちからはいずれも特殊攻撃なので、連結技で戦いながら敵の特攻を下げるか味方の特防を上げる手もある。

ディアルガはドラゴンとはがねというタイプのため、弱点を突ける属性攻撃は地面と格闘だけ。
他に炎・氷・ドラゴンタイプの技では通常通りにダメージが当たるが、それ以外の技では0.7倍かそれ以下になってしまう。
地面・格闘・炎・氷・ドラゴンの5タイプのうち最低でも1つは攻撃を持っておきたい。
無い場合は、自分の属性と同じ技を使えば威力が高いので利用しよう。

スポンサード リンク

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊/時の探検隊/闇の探検隊 極限攻略データベース